WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

自分の行動、思考の根底を知ろう

自己省察を行ってみた

先週のブログで自己省察に関して少し触れさせてもらいました。

https://rulestype.law.blog/2020/08/17/examination/

今回はそれを行った自分の結果とそれによって起こった変化を少し書いてみます。

自己省察のやり方に関しては自分は聞いた事を書くしか出来ないので本を読んでもらうか、DaiGoのニコ生を登録して聞いてもらうかが良いかと思います。

あくまでもやってみて良かったなぁという事をメインに書いていきます。

自己省察は根っこを知ること

まずは自己の価値観を知ることから始めました。

  • 過去を思い出し、それが現状にどの様な影響を受けているか。
  • 尊敬する人の特徴や、その理由
  • またはその逆など・・・

それらを詳細に書き、自分の価値観を具体例から探っていくワークです。

意外と難しかったのは過去を思い出し、どのように育てられたか?という事を思い出す事だった。

小さい頃は祖父、そして小学校から祖母に代わって育ててもらった。

祖父の時は何もかも厳しく今だったら幼児虐待と言われてもおかしくないかな?まぁマナーとかが身に付いたから恨んでもないけど怖かった。

祖母に代わってからは甘かったけど、礼儀、肩書、ステレオタイプの考え方を叩きこまれた。ただ元々、祖父からは30年ほど前から今どきステレオタイプの考え方なんか通用しない。と言われ育ったのでステレオタイプの考え方もあるんだ。ぐらいに流していた。

父も、母も当たり前だがバラバラの考え方なので一定した価値観を叩きこまれた感はなく、自分はどう育ったと考えれば良いのか?と悩んだ。

Photo by Daria Sannikova on Pexels.com

取り敢えず書き出してみて、今この考え方は残っているな。とか、これは今は持ち合わせてないな。など振り分け作業をして価値観を具体的なものにピックアップした。

その後、価値観リストを見ながら10個 自分の中で重要なものを選び、順位付けを行ったが、これも優劣つけ難いものもあり、かなり熟考した。

一日寝かせると翌日には順位が変わったので数日掛けて順位付けをしたが、下位はやる度に変わる気がする。定期的に見直した方が良いとの事なので一旦、現状の順位を掲載してみます。

  • 01.慈愛:他者を心配して助ける
  • 02.責任:責任をもって行動する
  • 03.成長:変化と成長を維持する
  • 04.知識:価値ある知識を学ぶ、または生み出す
  • 05.寛容:自分と違う存在を尊重して受け入れる
  • 06.健康:健やかで体調よく生きる
  • 07.安全:安心感を得る
  • 08.冒険:新しくてワクワクする体験をする
  • 09.礼儀:他者に対して誠実で礼儀正しく接する
  • 10.反抗:権威やルールに疑問を持って挑む

こう書くと偽善者!と言われそうだが、理解してもらえなくても良い。自分が分かれば良いから。

これを数日掛けて完成させた以降で気付いたことがある。

根を知ると分かる枝葉の動き

自己省察が出来るようになると様々な事に納得できるようになった。今までだとなぜかイライラしていた事も、心が今ザワついたのは、この価値観のせいだな。と不思議な事に自分の行動でも理解していなかった事に気付いた時には驚いた。

自分は特に意味が分からない事が嫌なので自己省察をして自分の行動、思考が理解できるようになると一日一日が充実した気分を味わえるようになった気になっている。

反面、自分自身の事も客観視し過ぎて冷めた感じにもなるが、落ち着いて物事を判断できるのは効果としては大きい。

人生の満足度が高くなり、仕事にも集中できるというのは納得できる。

85~90%の人が自分の事を理解していないようなので、ぜひ自己省察はお勧めします。

そして自分もまだまだ初歩の初歩なのでこれから自己省察の精度を高めていきたいと思います。

Photo by Pixabay on Pexels.com
広告

投稿者: 法則型営業さん

娘3人の父親・化粧品会社の営業部課長・プロレス好き・読書家など思い付いたら追加したり消したりします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。