WordPress.com で次のようなサイトをデザイン
始めてみよう

多様性が重要な世の中で自分自身が出来る事は?

個性を生かしあう世界へ。コロナによって多様性の未来はどうなる

Newspicksを見ていて今週、気になった記事です。

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの多様性を受け入れ、広く人材を活用することで生産性を高めようとするマネジメントについていう。 企業がダイバーシティを重視する背景には、有能な人材の発掘、斬新なアイデアの喚起、社会の多様なニーズへの対応といったねらいがある。

引用元:コトバンク

多様性を認められるのは慣れだと思う

自分は小さいころに祖父母に育てられた。

それもあって男は外で仕事をして、女は家で家事をする。というステレオタイプの育ち方をした。

ただステレオタイプに振り切らなかった理由が一つある。

自分が幼稚園を卒業するまでは祖父が家事を全てしてくれて、父母と祖母は働きに出ていた。

男性が炊事、洗濯、掃除、育児をしていて、それが『普通』の生活をしていた。

まぁとんでもなく躾が厳しかったので怖かった反面、礼儀正しいと言われ事が多いので、ちゃんと教えてもらって良かったと今でも元気な姿を見ると思う。

Photo by Denys Gromov on Pexels.com

そのお陰もあって、早々に自分は世間一般からすれば『普通ではない』生活をしている事に気付いた。

厳しかった思い出はあるが、不幸だった思い出はないので『普通でなない』生活でも辛いことはなかった。

だから、ステレオタイプの考えも理解でき、なおかつ、それが絶対に正しい答えではないという事も理解できた。

また2世代で暮らしていたこともあり、年代によっての普通がまるで違った。

自分が言う普通は相手に通じないので、むしろ『普通』って何?という疑問を常に持っていた記憶がある。

まずは受け止める

価値観は人それぞれ違うので、自分と違う価値観が無数にあって理解できない事も多々あると思う。みんなそれが普通だと思っているから。

無理して理解してあげる必要はないと個人的には思っている。

でも、そういう価値観もあるんだね。と受け止めてあげる事から始めれば良いんじゃないですかね。

価値観を理解できない人を受け止めてあげるのも多様性の一つだと思います。

企業だけではないが、ダイバーシティという考え方は社会全体を向上させる重要な思考だと思う。

そして、理解できなくても受け止めることを繰り返していけば、考えに固執することがなくなり、自分自身が多角的な視点を得て、様々なアイディアを出すコツにもなると思っています。

という考え方が正しいかどうかは分からない。それぞれの普通があるから。あくまでも自分自身の思想なので受け入れられない人は『へぇ~』ぐらいで流して下さい。

Photo by fauxels on Pexels.com

広告

投稿者: 法則型営業さん

娘3人の父親・化粧品会社の営業部課長・プロレス好き・読書家など思い付いたら追加したり消したりします。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。